ウラノルマ ネタバレ 実話 【ああ無情…モデリング恋愛はあっけなく散った】

ウラノルマ ネタバレ 実話





こんばんは。けいこです。


今日も『ウラノルマ』について
書きますね。



わたしはマンガを読むときは
いつもまんが王国を使っています






街で会った同級生に、
あおいはまた文句を言われます。




“アンタさぁ

 ウチらの事バカにしてんだろ?

 ざけんじゃねえよっ”




そこに割って入ってきた男子

あおいは誰だかわかりませんでした。




神尾潤 …有名人を親に持つ、

どこに行っても
神尾仁の息子という呼ばれ方しかしない。


そういった境遇は、あおいと同じです




あおいも、建築家の国枝蓮司の娘
そういう目でみられます。





潤はいちお、あおいを助けたつもり…



そしてこれがあおいの初めての恋



潤はまたあおいに声をかけてきます。


帰国子女のあおいに英文をみてもらう
という理由をつけて

教室で二人で話をします。




潤はあおいのこと

ずっと気になったから…

って、気になることいいます。



あおいはいとも簡単に恋に落ちたのです。




いろんなことが初めてで…新鮮で…

でも傷つくのが恐ろしいから
とっても慎重に…





あおいは、
潤が好きだといった小説のヒロインを
そっくりに演じました。




全てが順調だった…


クリスマスの夜、潤の部屋にいったあおいに

潤はキスをしようとします。




こんなとき、
 あのヒロインはどうする?





忠実に再現したつもりだった…




でも、潤の顔色が変わったのが
なんとなくわかった…



何がいけなかった?

どこを間違えたの?

読解力も分析力も自信があったのに…



数日後、お礼のプレゼントを渡し

自分からキスをした…




“ごめん…

 なんかもう無理だよオレ”





あおいの恋はあっけなく終わった。






この続きは、
まんが王国で読むことができますよ♪

まんが王国は、
日本最大級だから安心なんです。

だからわたしもまんが王国ばっかりです。

無料試し読みでかなり長く読めるので
お得です。

是非無料で読んでみてくださいね!



ウラノルマ”で検索してくださいね☆
































この記事へのコメント